保育士の求人と失敗しないための方法

少子高齢化が進む中で、将来の日本を担う児童の知育教育は、非常に大きな課題です。

しかしながら、待機児童は潜在的なものも含め、なかなか減少しない状況が続き、それに伴う保育士の不足も深刻です。

こうした状況の中で、国や自治体が注目しているのが、潜在的な保育士の掘り起しです。

これは、資格を持っていながら、結婚などを機に幼稚園や保育所を辞めた人に、再度、働いてもらおうというもので、復帰に向けた講習会の開催や、保育施設の求人案内を自治体が主催しているものです。


こういった取り組みによって、徐々に掘り起しは進んでいるものの、まだまだ絶対数が足りていないのが実態です。



そもそも、看護師と違って復職者が少ない理由は、長時間労働が一般化していることと、閉鎖的な職場環境であることだと言われています。

特に後者については、保育施設は働く保育士の人数が少ないことから、人間関係に偏りが出やすいと言われており、定時で退社することすら、先輩に気を使うなど、仕事以外で神経が擦り減ってしまうので、とても家庭と両立できないのが原因です。

こういった、職場に対する不安を払しょくするため、保育士の求人に特化した転職サイトでは、保育施設の残業の実態や人間関係などの情報も可能な限り収集していますので、事前に確認して応募するか否かを判断できます。



この方法であれば、転職に失敗する確率は大きく下がります。



保育士の処遇については、年々、改善がされていまし、求人の数も当面減ることはないでしょう。

転職や復職を検討していながら、躊躇している人は。

まず、求人情報を転職サイトで収集し、コンサルタントに職場実態を聞くことが大切なのです。