保育士不足解消のための求人

現在、保育園の数もそこで働く保育士の数も不足しています。

保育園の空き待ちで、困っている人が多くいることはニュースなどでもよく流れるようになりました。



行政、自治体においても保育園の数の増加と、そこで働く保育士不足解消に向けて、賃金面でのフォローも行うようにするといった対策に乗り出しています。



保育士の求人条件では、賃金の上昇が見込まれるようになったために、徐々にその求人条件が良くなっています。


ただし、保育士の資格を有する人で別の仕事に就いている人が、あえて保育園の求人に応じるかどうかは不透明です。


その主な理由としては、現在から今後にかけていずれの業界でも人手不足が深刻化することが目に見えています。

少子化と高齢化により、労働者人口の減少に歯止めがかかる要素はありません。したがって、政治や行政がてこ入れを図ったとしても、他の産業、業種でも賃金などの上昇による労働条件の優遇が進むと考えられています。

すなわち、現在の境遇、厚遇を捨ててまで、保育園で働こうと思う人がいるのかどうか、また労働者不足に歯止めがかからない現状では、保育園で働くことに二の足を踏むのではないかという心配も生じているわけです。保育士の求人に応募する側からすれば、自分たちも生活があり子育てがあるわけですから、条件が良いところで働きたいと思うのは自然と言えます。

したがって、保育園で働ける環境整備を急速に進めないと、今後も保育園の受け入れ体制はなかなか難しくなると考えられているところです。